こんにちは須藤武美です

陸上自衛隊の「レンジャー訓練」について



 5月12日、13日の演説会での私の訴えでも触れたように、陸上自衛隊は、6月12日、30人のレンジャー部隊が、顔料を塗り、迷彩服姿で、小銃や銃剣を装備し、板橋区の荒川河川敷から舟渡大橋、西台駅前、西台中央通りを通り、練馬駐屯地まで行進するという訓練、「レンジャー訓練」を計画しています。この訓練は災害対策とは全く関係がありません。憲法9条のある日本で、平穏な住宅地で戦争状態を想定した「軍事訓練」をおこなうことなど、絶対に許されません。共産党板橋地区委員会は5月12日に中止を求める声明を発表しています。

 私は5月18日午前中に、参院選予定候補の吉良よし子さんや共産党の板橋区議団、平和委員会の方々などといっしょに、レンジャー部隊の行進予定コースをすべて歩き、調査を行ないました。コース沿いには、学校、保育園、公園、商店、マンション、都営住宅、一戸建て住宅などが続きます。歩道を二列で歩くということですが、1人が歩くのにも狭い歩道、西台駅前や練馬の北町商店街のように通行人が絶えない場所、また保育園の園児たちの散歩道など、まさに住民の日常生活の真っ只中を銃剣を持った迷彩服の部隊が行進するのだということがよくわかりました。その異様さ、危険性に戦慄を覚えました。隊員と住民との接触事故は不可避だというのが率直な印象で、絶対に実行させてはいけないと感じました。

 18日の午後は、行進予定コース沿いの高島平1丁目の住民を訪ね、共産党板橋地区委員会の声明文を手渡し「レンジャー訓練」の計画を知らせ、懇談しました。20人近くの方とお会いしましたが、計画を知っていたのは1人だけでした。訓練の内容を知らせると例外なく驚きを隠しません。災害対策とは関係のない、銃剣をもつ訓練などやめてほしい、という意見で共通していました。私は、住民が訓練後に初めて知ったというような状況にしてはいけない、「何が起こっているのか」を早く区民に知らせ、一緒に考え、議論し、反対の声をあげることが急務だと責任を痛感しました。

 21日午前中、日本共産党の国会議員団の要請で「レンジャー訓練」について防衛省から説明を受ける場が設定されました。防衛省の人事教育局人材育成課人材育成班長が対応、質疑応答は1時間余に渡りました。そこではっきりしたことは、「レンジャー訓練」は3ヵ月に渡るもので、事故が多発し死亡者も出ている非常に危険な訓練であること、6月12日はその最後の訓練で、睡眠不足で疲労困憊、精神的にも極限状態の30人が人口密集の市街地を行進するというものであるということです。危険極まりないもので中止させる以外にないと改めて強く思いました。

 私は3点質問しました。
 ①交通量が少ない歩道というのが条件という説明だったが、実際に歩いてみて、歩道は狭く、歩行者を含め交通量は少なくない。条件を満たしてない。変更はあるのか。これに対する回答は「幹部に伝えて検討する」とのことでした。
 ②住民は知らされていない。知らせたところ非常に大きな不安を感じている。政府の責任で周知徹底するのか。これに対しては「自治体に通知している。住民への周知は自治体の仕事」とのことでした。
 ③「レンジャー訓練」中に死亡した隊員がいると聞いたが事実か。これには「レンジャーに限らず、訓練中に死亡事故は起きている。それが訓練とどういう因果関係にあるかは不明である」という回答でした。

 説明会を通じて強く印象に残ったことの1つは、住民の意向を非常に気にしていて、「自治体が訓練を見直してほしいと要望すれば検討する」と答えた点です。全区民に急いで知らせ、政府にも、板橋区にも「訓練中止」を求める世論と運動を急速に強めることが切実に求められています。

 板橋では、労働組合、民主団体の代表、そして共産党板橋地区委員長の私などが呼びかけて、5月25日に、「レンジャー訓練の中止を求める板橋実行委員会」(仮称)が結成される運びになっています。6月1日には、日本平和大会東京実行委員会の主催、板橋実行委員会などの共催で緊急学習会(午後6時30分、「コアいけぶくろ」音楽室)が開かれます。ご一緒に運動を発展させましょう。
[PR]
by sudotakeyosi | 2012-05-23 20:29
<< レンジャー訓練の中止を求める板... 12日、13日の演説会での訴え >>