こんにちは須藤武美です

消費税増税の廃案、原発再稼働ストップへ、たたかいはこれから

 

 民主、自民、公明3党によって、消費税を10%に増税する法案が衆議院で強行されましたが、国民の怒りは収まるどころか、いっそう強まっていることを実感しています。

 74歳の女性は「わずかな年金は家賃に消えてしまう。娘から月4万円の援助をうけ、慣れない家計簿をつけ始めた。風呂に湯を張るのは週1回だけ。せめて1~2万円でもと仕事を探したが有りはしない」と語り、「野田さん。この私も消費税10%ですか」と怒りをあらわにしました。

 靴屋さんは「増税分の商品への上乗せなど絶対無理。店をたたむ以外ない」と目を釣り上げました。洋品店では「個人商店は人の2倍働いて、体がぼろぼろになってやっと追いつく商売。息子も家を出て勤め人だ」と肩を落としました。消費税増税は倒産の流れを急加速し、街から商店街や町工場を消してしまうと痛感しました。

 消費税増税は、参議院での徹底した審議の末に、廃案に追い込む以外ありません。


 もう一つは原発問題。野田民主党内閣により、福井県大飯原発が再稼働されました。しかし今も福島原発事故の原因は究明されていません。国会事故調査委員会の報告は「自然災害ではなく明らかに人災」と断定し、「地震による原子炉の損壊がなかったとは確定的に言えない」と指摘しました。政府の大飯再稼働の根拠は完全に崩れています。

 私は、7月13日、首相官邸前の抗議行動に参加、16日には「さようなら原発10万人集会」に参加しました。国民一人ひとりが自覚的に立ち上がっている、日本だってアラブや南米のように変わるんじゃないか、そう実感させられました。
 

 消費税増税に頼らずに、社会保障の拡充と財政危機打開の展望を示す共産党、そして50年以上前から原発の危険を指摘し、いま原発再稼働反対の国民運動に合流してたたかう共産党を、今度こそ大きくしなければ、と決意を固めています。  

                           
[PR]
# by sudotakeyosi | 2012-07-19 20:40

レンジャー訓練の中止を求める板橋のとりくみについて

 

 6月12日、陸上自衛隊による「レンジャー訓練」が実施されました。その状況は、新聞、テレビで「沿道では、市民グループが武器を持った行進に反対するシュプレヒコールを上げる一方、日の丸を振る人たちもおり、騒然とした」(東京新聞12日夕刊)などと報道されました。


 
 市民が我 がこととして立ち上がった


 この日私は、朝8時から、都営三田線西台駅前で、「レンジャー訓練の中止を求める板橋実行委員会」(5月25日に区労連、土建、新婦人、9条の会、共産党など9団体で結成)がとりくんだ宣伝行動に参加しました。この宣伝では、21人が次々と訓練の中止を求めてリレートークしました。

 82歳の女性は「戦争を体験した者として、戦争につながる訓練は絶対やってほしくない」と語り、新婦人支部長は「平和な日本でなぜ軍事訓練をしなくてはいけないのか」と涙ながらに訴えました。
 取材に来たジャーナリストの斎藤貴男さんもマイクを握り、「自衛隊が米軍と一緒に戦争できる国にすることを示す行為だ」と批判しました。
 共産党の田村智子参議院議員は「十分な食事も睡眠も与えられずに人殺しの訓練をしてきた隊員が、街に入っていくのは断固として許さない」と訴えました。

 私は、高齢者、青年、子どもをもつ若いお母さん、9条の会の会員など次々とマイクを手にとる姿を見て、東京の市街地での軍事訓練が行われることを、多くの市民が自分の問題として立ち上がった、と実感しました。



 「被災地支援ありがとう。でも市街地での軍事訓練はやめて!」をかかげ


 自衛隊は、東日本大震災の被災地支援で大きな役割を果たしました。自衛隊ならではの役割を果たしたとも思います。被災地のみなさんが感謝するのは当然です。その自衛隊が市街地で災害対策の訓練をすることは必要なことだ、という声が少なからず聞かれました。

 しかし、自衛隊の板橋区長にたいする通知にあるように、今度の訓練は「レンジャー訓練」で、迷彩服で、顔には塗装を施し、小銃、銃剣を携行し、2列の隊列を編成、市街地を徒歩行進訓練するというものでした。明らかに武装した自衛官の軍事訓練にほかなりません。
 説明会で防衛省の担当者も「災害対策にも役立つ」といいながら、3ヵ月にわたるレンジャー部隊養成訓練の一環であるとはっきりと認めています。災害対策を目的にした訓練ならば、迷彩服で銃剣をもち、疲労困憊の状況で行なう必要がないことは明らかです。

 国防の任務を果たすための訓練は必要だという意見もあります。そういう思いの方からも、保育園や学校の門前、保育園児の散歩道を武装して行進して、安全は保てるのか、子どもたちに影響はないか、と不安の声が寄せられました。警察に、先導して交通整理をしてほしいという思いでは自衛隊関係者とも一致していたと思います。

 12日の宣伝では、私たちは「被災地支援ありがとう。でも市街地での軍事訓練はやめて!」のスローガンをかかげて、行進訓練隊を迎えました。



 自衛隊は当初の計画の変更を余儀なくされた


 板橋実行委員会は、こうした立場で運動をすすめました。防衛省、陸上自衛隊練馬駐屯地、警察、板橋区にたいする要請と交渉、また区内主要駅頭での宣伝、行進沿線住民へのビラ配布を行ないました。そうした運動を通して、住民の不安の思い、訓練を中止してほしいとの声が関係機関に届きました。住民からは訓練中止の仮処分申請も裁判所に提出されました。

 こうしたとりくみが、自衛隊の計画変更などの変化をつくり出しました。
 自衛隊は、①随行する誘導員を約10人から倍増する(実際には24人になった)、②隊列は2列から1列にする、③練馬北町商店街はルートからはずす、という変更をおこないました。安全に相当配慮したといえます。

 そして6月2日になって、急遽住民説明会を行なうと連絡してきました。6月6日、7日、8日に多くの住民が参加し、それぞれの思いを連隊長をはじめとする第一普通科連隊幹部に伝えました。
 当日にも変更が明らかになりました。レンジャー部隊の訓練生はヘリコプターで荒川河川敷に降着する計画でしたが、実際はトラックでの到着となりました。

 訓練は中止させられませんでしたが、住民の反撃が大きく押し返したことは明らかです。



 「陸自武装隊員 市街地てくてく」 「目的わかんないね」・・・ 


 東京新聞(13日朝刊)は、武装行進訓練に同行取材した記者のレポートを掲載しました。
 「さっさと歩くと思ったら、子どもの遠足みたい」「コスプレとか、パフォーマンスっぽい。これが訓練なの?」「目的がよく分かんないね」といった住民の声を伝えながら、「整然と黙ってゆっくりと行進する姿は”ムカデ競歩”のようだが、異様な光景だ。銃は金属の鈍い輝きを放ち、やはり怖さを実感する」と書いています。

 練馬北町小学校正門前を通過したときには、休み時間の児童たちが「なんかあったの?」と大騒ぎになったことも伝え、「それにしても、なぜ今市街地を歩くのか?陸自側は『緊迫する国際情勢や災害派遣に備えて市街地での行動に慣れる』ためというが、最後まで意図が分からなかった」と結んでいます。


 多くの区民、住民のみなさんと一緒に、今度のレンジャー訓練と区民の運動についてしっかりと検証し、今後のとりくみ生かしていきたいと考えています。
 







 
[PR]
# by sudotakeyosi | 2012-06-13 19:50

陸上自衛隊の「レンジャー訓練」について



 5月12日、13日の演説会での私の訴えでも触れたように、陸上自衛隊は、6月12日、30人のレンジャー部隊が、顔料を塗り、迷彩服姿で、小銃や銃剣を装備し、板橋区の荒川河川敷から舟渡大橋、西台駅前、西台中央通りを通り、練馬駐屯地まで行進するという訓練、「レンジャー訓練」を計画しています。この訓練は災害対策とは全く関係がありません。憲法9条のある日本で、平穏な住宅地で戦争状態を想定した「軍事訓練」をおこなうことなど、絶対に許されません。共産党板橋地区委員会は5月12日に中止を求める声明を発表しています。

 私は5月18日午前中に、参院選予定候補の吉良よし子さんや共産党の板橋区議団、平和委員会の方々などといっしょに、レンジャー部隊の行進予定コースをすべて歩き、調査を行ないました。コース沿いには、学校、保育園、公園、商店、マンション、都営住宅、一戸建て住宅などが続きます。歩道を二列で歩くということですが、1人が歩くのにも狭い歩道、西台駅前や練馬の北町商店街のように通行人が絶えない場所、また保育園の園児たちの散歩道など、まさに住民の日常生活の真っ只中を銃剣を持った迷彩服の部隊が行進するのだということがよくわかりました。その異様さ、危険性に戦慄を覚えました。隊員と住民との接触事故は不可避だというのが率直な印象で、絶対に実行させてはいけないと感じました。

 18日の午後は、行進予定コース沿いの高島平1丁目の住民を訪ね、共産党板橋地区委員会の声明文を手渡し「レンジャー訓練」の計画を知らせ、懇談しました。20人近くの方とお会いしましたが、計画を知っていたのは1人だけでした。訓練の内容を知らせると例外なく驚きを隠しません。災害対策とは関係のない、銃剣をもつ訓練などやめてほしい、という意見で共通していました。私は、住民が訓練後に初めて知ったというような状況にしてはいけない、「何が起こっているのか」を早く区民に知らせ、一緒に考え、議論し、反対の声をあげることが急務だと責任を痛感しました。

 21日午前中、日本共産党の国会議員団の要請で「レンジャー訓練」について防衛省から説明を受ける場が設定されました。防衛省の人事教育局人材育成課人材育成班長が対応、質疑応答は1時間余に渡りました。そこではっきりしたことは、「レンジャー訓練」は3ヵ月に渡るもので、事故が多発し死亡者も出ている非常に危険な訓練であること、6月12日はその最後の訓練で、睡眠不足で疲労困憊、精神的にも極限状態の30人が人口密集の市街地を行進するというものであるということです。危険極まりないもので中止させる以外にないと改めて強く思いました。

 私は3点質問しました。
 ①交通量が少ない歩道というのが条件という説明だったが、実際に歩いてみて、歩道は狭く、歩行者を含め交通量は少なくない。条件を満たしてない。変更はあるのか。これに対する回答は「幹部に伝えて検討する」とのことでした。
 ②住民は知らされていない。知らせたところ非常に大きな不安を感じている。政府の責任で周知徹底するのか。これに対しては「自治体に通知している。住民への周知は自治体の仕事」とのことでした。
 ③「レンジャー訓練」中に死亡した隊員がいると聞いたが事実か。これには「レンジャーに限らず、訓練中に死亡事故は起きている。それが訓練とどういう因果関係にあるかは不明である」という回答でした。

 説明会を通じて強く印象に残ったことの1つは、住民の意向を非常に気にしていて、「自治体が訓練を見直してほしいと要望すれば検討する」と答えた点です。全区民に急いで知らせ、政府にも、板橋区にも「訓練中止」を求める世論と運動を急速に強めることが切実に求められています。

 板橋では、労働組合、民主団体の代表、そして共産党板橋地区委員長の私などが呼びかけて、5月25日に、「レンジャー訓練の中止を求める板橋実行委員会」(仮称)が結成される運びになっています。6月1日には、日本平和大会東京実行委員会の主催、板橋実行委員会などの共催で緊急学習会(午後6時30分、「コアいけぶくろ」音楽室)が開かれます。ご一緒に運動を発展させましょう。
[PR]
# by sudotakeyosi | 2012-05-23 20:29

12日、13日の演説会での訴え



 日本共産党板橋地区委員会は、5月12日(高島平区民館)、13日(文化会館大会議室)に演説会を開催、それぞれ400人、380人が参加しました。12日の弁士は、笠井亮衆院議員、吉良よし子さん、13日は小池晃政策委員長、宮本徹さん。そして、両日、私、須藤武美衆院東京11区(板橋)国政対策責任者と、とくとめ道さんが訴えました。私の訴えは、以下の通りです。


 みなさん、こんにちは。日本共産党の衆議院東京11区(板橋)国政対策責任者の須藤武美です。私は、2001年から10年余り、日本共産党板橋地区委員会の責任者を務め、区民の切実な要求の実現に力をつくしてきました。こうした経験も生かし、今度国政に挑戦します。どうか、よろしくお願いいたします。

 最初にみなさんに訴えたいことは、陸上自衛隊が、板橋区内で「レンジャー訓練」を計画している問題です。自衛隊は、6月12日、30人の自衛隊レンジャー部隊が、迷彩服姿で、小銃や銃剣を装備し、荒川の河川敷から舟渡大橋、西台駅前、西台中央通りを通り、練馬駐屯地まで行進する訓練を計画しています。レンジャーは、敵陣へ侵入し、拠点の破壊を行なう特殊部隊です。この訓練の目的は災害対策とはまったく関係ありません。憲法9条のある日本で、この平穏な住宅地で戦争状態を想定した「軍事訓練」をおこなうことなど、絶対に許すことはできません。共産党板橋地区委員会は、中止を求める声明を発表しました。世論を広げ、この訓練、中止させようではありませんか。ご協力をよろしくお願いいたします。

 さて、みなさん。私は、今年1月末に、予定候補に決まって以来、地域を歩き、区民のみなさんと対話、懇談をしてきました。対話した方の数は800人を超えました。そこでは、国民の期待を裏切った民主党政権への強い怒り、消費税増税への不安と不満が語られました。

 87才の女性は、利用料が高すぎるので、介護保険を使わずに、88才の夫の介護をしていました。しかも57才の娘さんは障害を抱えていました。「今の政治には情けがない。野田さんのやることには一々腹が立つ。クタクタだが、夫、娘を残して先には死ねない。助けてください」と訴えられました。私は、弱者に冷たい政治に怒りを覚えると同時に、「もっと共産党に力があったならば」と腹の底から悔しさが込み上げてきました。

 商店街では、「消費税が増税されたら、店をたたまざるを得ない。うちの商店街は消えてなくなってしまう」、こんな声をいくつも聞きました。私は、それを聞いて「消費税が増税されたら、今の街並みが変わってしまう。社会が破壊されてしまうんだ」と実感させられました。
  
 30代の男性は、設計の仕事を10年続けてきました。長時間労働の結果、うつ病を発症し、現在、生活保護を利用しています。「就職活動を続けたが、全部門前払い。普通の仕事と生活をしたいだけなのに、今の社会はそれさえも受け入れてくれない。一番困っているのはやっぱりお金。消費税増税を思うとぞっとする」と語りました。
 
 私は、年金生活者や低収入の青年をはじめ、国民の暮らし、中小零細業者の営業を破壊する消費税増税を、絶対に許すことはできません。今国会で何としても廃案にしようではありませんか。

 私は、地域を歩く中で、共産党の提案、政策は、広範な国民の思いと共鳴する、共感していただけるという、実感をもつことができました。
 
 ある商店街のブティックの女性経営者と対話になりました。この方は「自民党政治を終わらせたい」と60才にして、前回の総選挙で初めて投票に行き、民主党に入れました。しかし次々と裏切られ、政治不信の塊りになっていました。それでも「消費税は、少しは上げざるをえないのかな、と思っていた」とおっしゃいます。そこで、消費税増税は社会保障の引き下げと一体であること、まずムダを一掃し、不公平税制を是正する、さらに所得税の累進課税強化をすれば、消費税を増税しなくても財源はつくれることを説明しました。やりとりの末に「そんな考えがあるんですね。共産党にもっと頑張ってもらわないとダメですね。人生2度目の投票は共産党です」とおっしゃってくれました。

 5月5日、すべての原発が止まった日、私は「すべての原発の停止をステップに、原発のない日本を実現しましょう」と訴えました。子どもたちが手を振って応えてくれました。学校給食の問題で結びついた、3人の子どもをもつお母さんは、ツイッターで「今日原発がすべて止まったこと。それは希望の光です」と書いて送ってくれました。

 日本共産党は、現在、残念ながら、国会のなかでは議席が少ないかもしれません。しかし、「消費税増税ストップ」、「原発の再稼働は許さない」という国民多数の願いに応えているのは、民主党でもなく、自民党でもなく、日本共産党です。
 
 私、須藤武美は、消費税大増税をやめさせるために全力をつくします。原発の再稼働をやめさせ、原発ゼロの日本を実現するために全力をつくします。そして高齢者も、現役世代も、青年も、子どもたちも、希望をもって、生活し、働き、学んでいける、社会の実現めざして全力をつくします。
 
 今、多くの国民が、民主党も、自民党も選びようがない、どの政党を選ぼうか迷っています。1人しか選べない、この板橋の小選挙区で、国民多数の要求、願いにまっすぐに応えられるのは、日本共産党の、私、須藤武美しかおりません。何としても勝たせてください。
 
 そして、東京の比例代表ブロックは、定数17で、みなさんの一票一票がすべて議席の前進につながります。現在笠井亮さん1人だけの議席です。今度は、宮本徹さんを含めて、2議席を何としても勝ち取らせてください。そのことを最後に心から訴えまして、話を終わらせていただきます。ありがとうございました。(了)
[PR]
# by sudotakeyosi | 2012-05-13 21:42

趣味その他について



 昨日の「私の歩みから」に続いて、趣味その他若干のことについて書かせていただきます。

◆山歩きについて

 富士山登山や霧ヶ峰高原のハイキングなど時々は登山、山歩きをやっていましたが、とくに50代になり、山歩きを趣味とするようになりました。奥武蔵、奥多摩や丹沢周辺、群馬の山などは日帰りでよく歩きました。年に1~2度は2000~3000m級の山に登っています。谷川岳には同じ年に春、夏、秋と3回登ったこともありました。映画「剱岳」を観た後は、“剱”を直接見たいと室堂を基地に立山を縦走し、“剱”に段々と接近、目前にしたときの感動は忘れられません。昨年夏には、八が岳の硫黄岳に登りました。好天に恵まれ、山頂では30分ほどのんびり昼寝もしました。

 山歩きは何も考えず1人で黙々と歩くもよし、ペースの遅い妻にぶつぶつ言いながらも2人づれはもちろん楽しいものです。山歩きが与えてくれる爽快感は、青空の解放的情景とともにいつまでも心にとどまり、生きる支えとなってくれます。

◆映画について

 映画は年に50~60本、劇場で観ています。週1本平均です。午後9時以降の上映もあり、決して活動、仕事の障害にはならず、むしろ活力源です。

 ヒューマンドラマ、ラブロマンスから時代劇、サスペンス、アクション、青春ドラマ、コメディ―、ミュージカルなど、ホラー以外は、何でも観ます。
 
 最近観た映画でお薦めは、「ヘルプ」と「わが母の記」。ツイッターにも書きましたが、「わが母の記」の樹木希林さんの絶妙な演技には圧倒されました。「母の愛」に胸を打たれ、10年前に他界した母親のことを思い起こしました。親不孝ばかりした悔恨の想いとともに。

 昨年観た「人生、ここにあり!」(イタリア)もお薦めの1本です。1978年、バザーリア法により精神病院が閉鎖されたイタリアの実話がベースになっており、元患者たちが協同組合をつくり、自ら道を切り開いていく様をコミカルなタッチでつづっています。「人生ってすばらしい!」、希望と勇気を与えてくれました。

◆剣道その他スポーツについて
 
 小学生時代はソフトボール、中学時代は軟式テニス、高校では体育の授業でラグビーや柔道をやりました。ラグビーには結構夢中になりました。

 大学入学とともに剣道部に入部しました。民青同盟の活動が忙しくなり、1年生の9月にやめてしまいましたが、楽しい思い出がつまっています。大学構内の合宿所や愛媛・松山の道後温泉近くの愛媛武道館での合宿なども体験しました。足の裏が擦りむけて痛くてたまりませんでした。それでも基本的な型だけは習得し、初段をもらいました。1974年の夏、富士山登山をしたのも、剣道部の1年生の仲間たちと、でした。

◆自転車について

 2001年、板橋地区委員会に転勤。自宅から事務所までの通勤方法を検討した結果、自転車が一番便利であることがわかりました。当時、徳留道信さん(現在、党板橋地区都政対策責任者)が自転車で飛び回っていることも聞いて、自転車での通勤と区内の移動に踏み切りました。最初は30数分の通勤に大変さを感じましたが、もうすっかり慣れ、1日30~35㌔走る日も少なくありません。心肺機能を高める効果もあると聞いて、健康法としても位置付けています。
             
                                  (2012年5月4日記)
[PR]
# by sudotakeyosi | 2012-05-04 07:22